医師も推進!ルイボスティー

ルイボスティーをご存知でしょうか?日本では馴染みがあまりないかも知れませんが、昔から飲まれてきた医師もオススメする健康的な飲み物です。

ルイボスティーとは?
ルイボスとは現地の言葉で「赤い茂み」を意味しており、南アフリカの山脈のみに生息する植物で限られた地域でのみ栽培されています。アメリカの先住民たちの間で古くから不老長寿のお茶、奇跡のお茶とも言われてきました。

ルイボスティーの特徴
ルイボスティーにはカフェインが含まれておらず、就寝前でも気にせず飲めますし、妊娠中のお母さんや新生児、乳幼児も湯冷ましで薄めて飲ませているお母さんもいらっしゃいます。
ミネラルも豊富で、ミネラルは体内て形成できない栄養素ですので栄養が偏りがちな方にオススメです。
熱中症の対策にももってこいですね。
また、腸内環境を正常化してくれる働きがあります。腸の動きを活発にしてくれるので悪玉菌を外へ出し、善玉菌が残るので腸が正常な状態になります。年を重ねると赤ちゃんのような善玉菌いっぱいの腸から、悪玉菌がいっぱいの腸になってきてしまいます。悪玉菌が増えないということは腸の老化を遅らせることもできるのです。
活性酸素を抑える働きをしてくれるので生活習慣病などの疾病も予防効果があります。

ルイボスティーの飲み方
1日にコップ2~3杯を目安に飲みましょう。効果がすぐ得られるわけではないので長期的に続けていきましょう。
そしてルイボスティーを煮出す時は必ず10分以上煮出します。
時間が短いと健康成分が出てきません。

医師がすすめる理由
身体に害がないのが一番ですが、アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎の炎症を抑える効果があるからなのです。根本的な体質改善に役立ち、活性酸素を減らすことで症状を緩和することができます。
これも長期的に飲み続けることが一番大切です。

ルイボスティーを飲み続けるだけで嬉しい効果がたくさんですね。
ダイエット、アンチエイジング、生活習慣病の予防もでき、ノンカフェインで家族みんなで飲めるので是非、みんなで健康的に続けてみましょう。

Page top icon