女性ホルモンを増やすためには

女性ホルモンが重要な理由はたくさんありますが、世の中の女性が一番多く望む綺麗で若くいるというためにと女性ホルモンを増やさないといけません。そこで女性ホルモンを増やすには実際に何をすれば良いのかをいくつか挙げていきたいと思います。

まず、一つ目は食生活です。女性ホルモンを増やすのに必要な成分を含んだ食材があります。一つは大豆食品です。大豆には女性ホルモンの働きと同じような成分を含んでいることからそれを摂取することで女性ホルモンを活発にする作用があるとされています。

次に魚です。魚には多くのビタミンが含まれていることから女性ホルモンが生成される働きを助けるので魚を食べることはとてもお勧めなことです。実際に私も大豆や魚を週に3回は食事に入れています。効果的には肌の調子が全く崩れないし、調子が悪いという日は無くなりました。このように食生活を見直すことで若さを保つだけでなく綺麗でいれると思いました。大豆や魚を食べる時の注意点としてはあまり濃ゆい味付けにしないということが重要です。味付けを濃くしてしまうと食材が持つ女性ホルモンを増やすために必要な成分を減らしてしまいます。

次に女性ホルモンを増やすのに適しているのはお風呂に入ってリラックスタイムを作ることです。お風呂に入って体を温めながらリラックスすると女性ホルモンを活発に働かせるという成分が自然と出るそうなのでお風呂に浸かりながらリラックスすることをお勧めします。お風呂の温度はだいたい38~40℃が良いとされています。もう一つ女性ホルモンに効果的なことはアロマオイルを使うことです。人間の体にアロマオイルを取り込むことでリラックスした感じになり女性ホルモンがたくさん出てきます。お勧めはアロマオイルを焚くだけではなく、マッサージもしながらリラックスをより深められれば効果は倍増されます。

このように女性ホルモンを増やすためには普段の生活の中で自分でできることはたくさんあります。より女性ホルモンを増やすにはやはり食生活を一番重要視しなければいけません。食生活が乱れてしまうと女性ホルモンは減少してくるばかりか、綺麗ではいれなくなります。

食生活をほんのすこし変える努力をすればより若くいられますし、自分が綺麗になりたいと意識するだけでも女性ホルモンに刺激を与えてくれます。食生活を変えてさらにリラックスするという時間を作ればいつまでも若い自分を保てると思います。

Page top icon